Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/beautifulstory/www/datsumou-concierge.com/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/beautifulstory/www/datsumou-concierge.com/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
ジョーモ(JOOMO)の効果的な使い方は?使用方法を間違えると逆効果? | 脱毛コンシェルジュ
ジョーモ

ジョーモ(JOOMO)の効果的な使い方は?使用方法を間違えると逆効果?

女性も男性も、一生続くムダ毛処理にウンザリしていませんか?

一般的なカミソリや毛抜き処理では追いつかない場合や、肌が荒れてしまう人もいるでしょう。そんな方に人気急上昇中の「ジョーモ」はスプレータイプの除毛剤で、肌を傷めることなく綺麗に除毛できると話題です。

除毛剤特有の臭いも気にならない程度に改良し、使用後は肌も潤いに満ちるとか。その反面「効果が得られなかった」という声もあり、使用方法によっては満足できない結果を招くことがわかりました。

「ジョーモ」の正しい使い方と効果をアップするコツを調べました。

>>ジョーモ公式サイト

基本的な使い方

公式サイトに載せられている基本的な使用方法です。

STEP

除毛したい部分に吹きかけ、約5分~10分おきます。

STEP2

吹きかけたスプレーを静かに除去します。

STEP3

最後にしっかり洗い直して完了!

感想

吹きかけて待つだけで除毛が完了するという、夢のようなスプレーです。カミソリや毛抜きのように肌を痛める心配がないし、除毛クリームのように手を汚すこともなく処理できます。

難点としては液が飛び散る、ムラができやすいことが挙げられます。

>>ジョーモ公式サイト

NGな間違った使い方

効果が出なかった方は次の間違った使用方法をしている可能性があります。今一度使用方法を見直してみましょう。

薄すぎる、またはつけすぎる

スプレーを長持ちさせたいのはみんな同じですが、薄くつけすぎるとムラができやすく、除毛効果も減ってしまいます。

また、剛毛を処理するために同じ箇所に何度も吹きかけることは、効果に変化がないどころかスプレーを早く空っぽにしてしまいます。

時間が短すぎる、長すぎる

スプレーした後に痛みや痒みを感じた際は別ですが、あまりに早く拭き取ると毛の根元まで除毛剤が浸透することができず、不完全な除毛になります。

また、効果を上げると勘違いして長く放置しすぎると、肌を痛めて痒みなどを発生させる原因となります。

肌が濡れている

処理後に洗い流せるようにお風呂で使用する方も多いですが、濡れた肌に使用すると効果が発揮できません。

拭き取りが不十分でもムラを発生させますので、きちんと水分を拭き取りましょう。

>>ジョーモ公式サイト

使用するタイミングは?

オススメの使用タイミングをご紹介します。

お湯にしっかりと浸かった後!

最も高い効果を得るためにも、お湯にしっかりと浸かって全身の毛穴を開かせましょう。毛穴が開くことで毛根まで「ジョーモ」を浸透させることができます。

蒸しタオルで温めた後

毎回お風呂に浸かるのが難しいこともあります。そんな時には、温めたタオルで除毛したい部分を覆い、5分ほど待ってから「ジョーモ」を吹きかけましょう。

>>ジョーモ公式サイト

効果を上げる使用方法は?

確実にムダ毛を処理する効果的な使用方法を紹介します。

除毛部分を温める

除毛したい部分を蒸しタオルによって温める、またはお風呂に浸かって全身を温めましょう。40度くらいのお湯に5分以上は浸かりましょう。

優しく洗う

毛穴に詰まった汚れを取り除きましょう。ゴシゴシ洗いは肌を痛めてしまう原因になるので、しっかりとソープを泡立て、泡でマッサージをするように洗いましょう。

水分をしっかりふき取る

肌に水分が残っていると、ジョーモの成分が薄まってしまい、期待する効果が得られません。

ジョーモを吹きかける前に、乾いたタオルでしっかりと水分を拭き取りましょう。

ムラなく塗布する

ジョーモを長持ちさせるために、すばやくスプレーを動かして薄く吹きかける方がいます。気持ちはよくわかりますが、効果が得られない箇所が発生し、その結果ムラになってしまいます。

ムラができると剃り直しや毛抜き処理を行わなければならず、除毛剤でダメージを受けた肌がさらなるダメージを受けます。

除毛できないどころか肌状態まで悪くしてしまいかねないので、ケチらずに使用しましょう。

ラップを巻く

ジョーモを満遍なく吹きかけた後にラップで覆うという技があります。

これは液体の気化を防ぎ、より成分を浸透させる働きがあるのでオススメです。

5~10分後しっかりと洗い流す

毛の薄さや肌の状態によりますが、5分から長くても10分で洗い流しましょう。

それ以上待つと肌に赤みが生じて痒みが発生する場合がありますので、時間はきちんと守りましょう。

化粧水、クリームで保湿

ジョーモには肌を保湿する成分がたくさん凝縮されていますが、さらなる保湿を行っても悪い結果になることはありません。

保湿は抑毛や健康な肌を保つために大切ですので、毎日しっかり行ってください。

>>ジョーモ公式サイト

使用上の注意

気をつけておきたいポイントをご紹介します。

敏感肌の方

ジョーモは肌に優しい成分で作られていますが、中には肌に合わない方もいます。

元々敏感肌という方は、使用前にパッチテストを行いましょう。

連続使用を避ける

ムラができてしまった際や、毛が完全に除毛できなかった場合、もう一度除毛し直すことや次の日に使用することは避けましょう。

優しく除去する

付属の木べらなどで液体を取り除く際には、強く肌をこすらずに優しく取り除きましょう。

お風呂で使用している場合には、シャワーで流しながら手で優しくなぞるだけでも良いですよ。

使用量、時間を厳守する

薄くつけすぎる、または多くつけすぎると、除毛がきちんと行えません。使用量を守り、時間を厳守してください。

>>ジョーモ公式サイト

効果をアップさせるコツ

除毛効果を確実に実感するためのコツをご紹介します。

温めて、汚れを取ってから使用する

毛穴の奥まで浸透させるために、毛穴をしっかり開かせて汚れを取り除き、ジョーモを吹きかけましょう。

ちょっとした事前準備を行うだけで、効果が変わりますよ。

水分をきちんとふき取る

水分が残っているときちんと除毛ができません。乾いたタオルで水分を拭き取り、ジョーモを使用しましょう。

ラップで密封!

ジョーモを毛穴の奥まで浸透させるため、ジョーモを吹きかけた後にラップで覆ってみましょう。

液体の気化を防ぐ効果があり、生え始めの短い毛などにも効果的です。

保湿をしっかり行う

除毛後の肌は特にデリケートです。ジョーモにもたっぷり保湿成分は含まれていますが、ちょっとプラスするだけで毛の生えるスピードを遅らせ、肌を美しくする効果が得られますよ。

除毛後だけでなく、毎日しっかりと保湿することを心がけましょう。

>>ジョーモ公式サイト

まとめ

ムダ毛処理は高いお金を払って永久脱毛しない限りは、一生付き合っていく作業です。

そんなウンザリする作業を楽にしてくれる「ジョーモ」は、女性にも男性にも効果があると大人気です。

効果的な使用方法によって、ムダ毛の生えにくい美しい肌を目指しましょう!

>>ジョーモ公式サイト

おすすめ脱毛サロン♪
キレイモ口コミ予約 プリート口コミ予約 ストラッシュ口コミ予約 ミュゼプラチナム口コミ予約 銀座カラー口コミ予約